「カンボジア料理以外で!」

先日、東南アジアから一時帰国している知人に会ったとき、
ひとしきり話が終わった後「じゃあ、ごはんを食べに行こう!」となって
何が食べたい?と聞くと「アジア料理以外」と。

懐かしくてちょっと笑ってしまった。
私もカンボジアに住んでいた頃、一時帰国したときには
いっつも同じことを言っていたから。
カンボジア料理以外、もしくは、東南アジア料理以外!って。
今は逆に、カンボジア料理が食べたいくらいなんだけど。

向こうではよく、日本のガイドブックの仕事も請けていて
物件の選定とか、ここがおすすめとか、現地情報を提供していたのだけど
住んでいると、カンボジアらしいものが当たり前すぎくらいに当たり前になってしまい
逆に、先進国っぽい(?)おしゃれーなものとか、洗練されたものとか
カンボジア料理以外の、おいしい各国料理とか(たしかに本当においしいんだけど)
つい、その時の自分が「良い!!!!」って思うものを推してしまったりして
日本の担当さんに「もっとカンボジアっぽいものありませんか?」と逆にダメだしされたりしていた。
意識のズレ、ですね。完全に。今となってはわかる。
カンボジアに行ったら、まずはカンボジア料理食べたいよね。

私は在住年数が長く、あと、今後いつ帰国できるかわからない、というような不安もあり、
ついつい、今住んでいる「カンボジア」に対して、斜に見てしまっていたところがある。
まあこれ、長く外国に住んだ人なら、誰でも経験あるかもしれないけど。

帰国して1年、ようやく日本に慣れてきて。
今度は、ちょっとカンボジアが素敵に見えてきてしまってきたりして。
住んでいるときは、あんなに文句たれていたのに。(笑)
それでも、今住んでいる場所、当たり前のように一緒にいる人たちも、
いつかはそれが当たり前じゃなくなる日も来るかもしれない、いや、来るだろう。
だから今は、その当たり前に感謝しないといけないな、と思い直したりする。
また忘れちゃうんだけどね。(苦笑)

[PR]
by toi-tom | 2018-04-16 09:25 | 日々雑感 | Comments(0)