便利なもの

カンボジアでは、ずっとカセットコンロを使っていた。
ひとくちだけの、カセットコンロ。
2くちコンロがあったら便利だなーと思い、何度か店も見に行ったけど
キッチンが狭かったので、これ置いたら調理スペースがなくなるなぁとか
「ひとくちでもなんとかなるか」と思ったりで、結局買わずに終わってしまった。

カンボジアには都市ガスがない。
ガスコンロあはるが、プロパンのような、小さなガスボンベをつないで使っている。
一般家庭では、まだ七輪は必須の調理具で、コンロがあっても
必ず七輪を常備している家が多い。
カンボジア人は、トレイギアットと呼ばれる干魚や、肉の干物をよく食べる。
これらはやっぱり「七輪で焼かないとおいしくない」というのが彼らの持論だ。

カセットコンロなので、当然カセットボンベを使う。
小さいのですぐになくなってしまうのだが、これを交換できるシステムがあるのだ。
郊外でも街中でも、小さなよろず屋的な商店がどこにでもあるのだが
ここに空のボンベを持っていくと、1本30円くらいで交換してくれるのだ。
長期滞在者の多いゲストハウスやアパートでは、大家さんがこれをしてくれる。
だから何本か常備しておけば、なくなっても安心だし、たとえなくなっても
近くですぐ交換できるので、そんなに困ることはない。

今思えば、日本人が思うような「便利なもの」はあまりなかったけど
その暮らしに合った、便利なものやシステムはいっぱいあった。

逆に、これは使うだろう!と思って日本から買っていった便利グッズは
ほとんど使わずに終わってしまったことが多い。(もちろん全部ではないけど)
オムツ替えシートとか(クロマーで十分)
汗拭きシートとか(汗かいたらシャワーあびる)。
そういえば、折りたたみ傘も使わなかった。
雨が降ったらそもそも外に出ないし、必要な場合は大きな傘かカッパ。
カンボジアの雨は強いので、折りたたみごときでは意味をなさないのだ。

その土地に行けば、その土地ならではの便利なものやシステムがある。
あまり心配しすぎず、それを面白がりつつ受け入れて暮らすのが、
快適な暮らしの第一歩かな、と思ったりする。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by toi-tom | 2018-05-13 11:00 | カンボジア | Comments(0)